【食育】資格取得ナビ|失敗しない!人気の講座はどれ?

食育とは?

食材イラスト

近年、あらゆる方面で注目を集めている「食育」ですが、皆様はその意味を正しく理解されていますか?

 

食育の目的は、人々が健康的な生活を送るために、食に関する正しい知識と実践力を備えた専門家を育成することです。

 

食育の扱うテーマは幅広く、以下のような食全般に関わる活動を学習、自らが実践し、周りの人に伝えていく役割があります。

@食事をするA調理をするB食材を選ぶC健康を維持するD健やかな心を育てるE食文化を継承するF食事のマナーを理解するG生産や加工の背景を理解するH食に関わる全て

 

食育資格とは?

食育イラスト

多方面で食の安全や健康への関心が注目を集める中、食育に関する需要も高まり、主婦層を中心に専門的に学ぶ人が増えています。

 

資格は、全て一般社団法人などが認定する民間資格であり、食に関する専門的な知識やスキルを身に付けた「エキスパート」であることを証明するためのものです。

 

食育関連の資格は複数の団体で認定されており、食育インストラクター・食育アドバイザー・食育メニュープランナー等など…全てを合わせると10以上あります。

 

自分が学びたい分野を明確にし、目的に合った資格を取得することが大切です。

 

資格を取得するメリット

資格を取得することで以下のようなメリットがあります。

 

家族の健康管理に活かす
家族のために安心・安全な食品を選ぶ基準を理解できる
子供に正しい食事のマナーを身に付けさせることができる
栄養のバランスが取れた様々なレシピを学べる
栄養のバランスが取れた介護食を作れるようになる

 

仕事に活かす
スーパーなどで顧客のニーズに合った食材を提案できる
飲食店などで新メニューを考案できる
料理教室などで健康志向な方向けのレシピを教えられる
介護施設などで専門的な介護食を提供できる

 

まとめ

キッチンイラスト

 

食育資格を取得することで、自分の家族の健康管理に役立つだけでなく、学校・病院・福祉施設、食品や製薬関連の企業および研究所、食べ物を扱うスーパーやデパートなどで活躍することができます。

 

平成17年に「食育基本法」が制定され、国家プロジェクトの1つとして推進される食育に関する知識を身に付けた人材は、今後ますます市場で求められると予測されています。

 

失敗しない!人気の講座はどれ?

食育(ブラッシュアップ学び)画像

ロゴ(ブラッシュアップ学び)画像
スクール掲載量No.1!通信・通学講座の専門サイトです。食育に関するあらゆる講座を一目で比較&一括資料請求ができるので大変便利です。食育の資格は複数の団体で認定しており、食育インストラクター・食育アドバイザー・食育メニュープランナー等など…全て合わせると10以上もあります。事前にリサーチをして、自分の目的に合った講座を選ぶことが大切です。

 

ボタン画像

 

資格の種類はどんなものがある?

資格名

概要

補足

食育インストラクター 食育の第一人者・服部幸應氏が監修する人気の高い講座です。「食材の選び方」「食のマナー」などを専門的に学べます。

通信講座
39,900円
約6ヶ月

食育アドバイザー 初心者でも食育の知識と実践力が身に付きます。家庭&仕事で役立つ幅広い知識が学べるのが特徴です。

通信講座
38,800円
約3ヶ月

食育スペシャリスト 食育に関する知識・スキルだけでなく、仕事の現場で求められる企画力・プレゼン能力などを最短3日で習得できます。

通学講座
165,320円
3日〜

食育メニュープランナー 「一汁三菜」を基本に、栄養バランスの整った献立メニューから、食の大切を人に伝えるスキルまで幅広く学べます。

通信講座
20,570円
約6ヶ月

食育指導士 栄養士や管理栄養士をはじめ、保育士・看護師・学校給食関係者・介護職員などが、スキルアップを目指して取得しています。

通信講座
10,000円
5日間〜

フードアナリスト 食文化・食育・栄養学・店舗の内装・マーケティングなどを学び、料理はもちろん、店の空間や雰囲気などを分析する専門家です。

通学講座
122,000円
約10ヶ月

フードコーディネーター 「飲食店のメニュー作り」「コンサルティング」「テレビの料理の盛り付け」「料理教室の運営」など、実践的なスキルを学びます。

通信講座
58,600円
約9ヶ月

薬膳コーディネーター 美容や健康に良いとされる「薬膳」を活用し、飲食店メニューをプランニングしたり、毎日の献立作りに役立つスキルを学びます。

通信講座
44,000円
約4ヵ月

介護食アドバイザー 高齢者が食を楽しみ、健康になるための介護食の知識&スキルを身に付け、介護施設などで活躍できる人材を育成します。

通信講座
38,880円
約4ヵ月

食生活アドバイザー ユーキャンで取得できます。健康的な生活を実現するために、「食」の視点からアプローチするスペシャリストを育成します。

通信講座
39,000円
約4ヵ月

ヘルシー&ビューティアドバイザー 「カラダ」「食」「運動」といった健康維持に欠かせない 3 要素のメンテナンス方法を習得したことを証明する資格です。

通信講座
32,000円
1日〜

マクロビオティックセラピスト キャリア カレッジ ジャパン「マクロビオティックセラピスト資格取得講座」を受講、認定試験に合格することで付与される資格です。

通信講座
41,040円
約4ヵ月

醸しにすと 発酵食品の知識&技術を身に付け、日本独自の発酵文化や伝統を受け継ぐ大切さを伝えていく役割があります。

通信講座
36,000円
約4ヵ月

 

資格は独学でも取得できる?

料理イラスト

食育に関して言えば、独学はあまりおすすめしていません。

 

なぜなら、8割以上の資格が指定講座と認定試験がセットになっているためです。

 

つまり、事前に指定された講座を受講しないと、試験を受けることができないのです。

 

中には「フードアナリスト」「フードコーディネーター」のように、初級のみ受験資格が設けられていない資格もありますが、独学で目指す場合であっても、受験料約1万円+テキスト代約1万円=約2万円程度は最低でも準備する必要があります。

 

そのため、コストや学習効率などを考えて、3〜4万円程度で受講できる通信講座を選択する方が圧倒的に多いのです。

 

通信講座を選ぶ際に気をつけるべきポイント

 

ゴールを明確にする

食育の扱うテーマは非常に幅広いのが特徴です。講座に申し込む前に、家庭で役立てるために学ぶのか?仕事で通用するスキルを身に付けたいのか?仕事に活かすならどんな職場で活躍したいのか?など、最終的なゴールを明確にしておきましょう。

 

教材の分かりやすさ

通信講座の場合、教材(DVDなど含む)を中心に学習を進めていくため、教材の良し悪し=講座の良し悪し、といっても過言ではありません。事前に無料パンフレットを取り寄せ、テキストのサンプルなどをよく確認しておくと良いでしょう。

 

サポートの充実度

受講期間中、分からない部分が出てきた際に、すぐにメールや電話などで気軽に質問できる環境が整った講座を選びましょう。

 

合格保証の有・無

何らかの理由があり、定められた学習期間内に合格が出来なかった場合でも、無償で期間の延長や添削指導が受けられる講座を選びましょう。

 

資格の認知度

食育の資格は非常にたくさんあるため、実績豊富な資格から、全く知名度の無い資格までさまざまです。事前に無料パンフレットを確認し、過去の受講生数や就職実績などを確認しておくと良いでしょう。

 

失敗しない!人気の講座を選ぶには?

食育(ブラッシュアップ学び)画像

ロゴ(ブラッシュアップ学び)画像
ブラッシュアップ学びは、年間10万人以上が利用する通信・通学講座の専門サイトです。主要な食育関連の資格を比較&一括資料請求ができるのでとても便利です。もちろんサービスは全て無料です。資料には、講座に関する情報だけでなく、簡単なレシピや卒業生の声なども豊富に載っているので、パラパラと眺めてみるだけでも新しい発見があって楽しいですよ♪

 

ボタン画像

 

 

 

 

 

 

 

 

【当サイトについて】

食育、という言葉は、最近よく聞く言葉の一つです。皆さんも一度は聞いたことがあるのではないでしょうか。食育とは食の安心や安全、食からの健康、食事を通した家族の団らんなど、食を取り巻く様々なことを通して考えられた教育の一環です。では、その食育の資格とは一体何なのか?食育の資格を簡単に述べますと、「食育」という教育を基礎から学ぶことで、それを毎日の生活に活用していく方法を指導していく教育者としての資格、と言った所です。教師などの教育者の資格と同じく、社会で活躍できる「食育」の指導者の証明書、とも言える証が食育の資格なのです。この食育ですが、始まりは平成17年6月に「食育基本法」が制定されたことです。これにより食育の促進を考え、社会的にも様々な取り組みがなされています。しかし、現代では食生活というものが非常に乱れていることもまた事実です。現代社会では、食よりも他に優先されることがたくさんある、という考えの人も増えており、それによって人々の健康的な生活も乱れてきています。また、食生活の多様化も進んでいることも食生活を乱す結果となっていることも理由として挙げられるでしょう。理想的な食生活を過ごせていない、乱れている現代の「食」「食生活」を見直していくこと、そして「食」の大切さを学び、実践につなげていくことが「食育」の資格を持つ人達の仕事であり、在り方です。だからといって指導を受けるまで何もしない、資格が無いから食生活が乱れてもいいという訳ではありません。一人一人が身近な所から食の大切さを見直すことも、立派な「食育」の第一歩となります。「食」、食べることを通して、安心で安全な生活をおくるためにも、健康な人生をおくるためにも今よりほんの少しだけでも、食べることに興味を抱いてみましょう。「食」ということを通して、心も体も健全に豊かにすることは、人生を豊かにするにも通じるのです。

 

更新履歴