食育の資格を取得するには?

いま日本では、国を挙げて食育活動が行われています。しかし、食育は食に関わる全ての活動を指しているので、なかなかイメージが湧いてこない点があります。

 

一言で表現すれば、「食の伝道師」と言うべきでしょうか。食について正しい知識を多くの人に伝えて実践してもらうことを目的とする専門家なのです。

 

これからの日本の将来を支えていく為に必要不可欠なピースが、この「食の伝道師」と言っても過言ではありません。

 

取得しやすい食育資格

では「食の伝道師」の証明である食育の資格は、どのようにして取得することが出来るのでしょうか?食育の資格は、民間団体の資格認定試験を合格することで取得することができます。

 

いま現在では、食育の資格に国家資格はありません。その全ては民間資格なのです。民間資格を取得するメリットの 1 つに「取得のしやすさ」が挙げられます。

 

国家資格は学歴などで条件が設けられていますが、民間資格である食育資格のほとんどは受験資格がなく、誰でもチャレンジできるのです。

 

しかも、その多くは在宅で勉強から受験まで行うことが可能なので、なかなか時間が作れない主婦の方でも自分のペースで取得を目指すことができます。

 

食育資格の種類

食育の資格には、以下のようなものがあります。

 

「食育インストラクター」「食育アドバイザー」「食育指導士」「食育メニュープランナー」「食育スペシャリスト」「フードコーディネーター」「フードアナリスト」「介護食アドバイザー」「薬膳コーディネーター」「国際薬膳食育師」「醸しにすと」「マクロビオティックセラピスト」「ヘルシー & ビューティーフードアドバイザー」「食生活アドバイザー」などがあります。

 

この中で代表的で就職にも役立てることが出来るアピール力の強い資格は、「フードアナリスト」です。食だけでなく、店舗の経営や内装、雰囲気を分析して評価する仕事です。

 

記事の執筆も依頼されることがあるので、食育資格で仕事を得たい人にはオススメしたい資格です。

 

これから食育資格がもっと認知されて社会的地位を確立できれば、今後もっと需要が高まる資格になっていくでしょう。