「食育」資格を取得することのメリットとは?

食育の資格はまだまだ近年では知られてきたばかりですが、多くの人が資格に興味を持っています。

 

では、その食育の資格を取得することによって起こるメリットとはなんでしょうか?ここでは資格所得のメリット共に、その知識を学ぶ意義についても少し説明しましょう。

 

食の知識を得るということ

まず一番に挙げられるのが、「食」に対する知識が持てるということです。人生で食事というのは非常に比重が大きく、深く関わっていることです。

 

一日三回と見て、一年365日でも1095回。これだけの回数何かを食べ、栄養を得ていてその人の体が作られます。

 

現代では食生活の乱れが進み、様々な生活習慣病が引き起こされています。生活習慣病というのはその名の通り、「生活」と「習慣」である「食生活」が深く関わってくる病気です。

 

貴方の体を作る物である食べ物、貴方の体の原材料を知ることは、巡り巡って貴方や貴方の周りの人にも役立つことでしょう。

 

そのための資格としては、「食育アドバイザー」や「食育インストラクター」などの資格が挙げられます。

 

食育の資格を活かせる職場

では次に、その資格を仕事にも活かせるのか、という点でのメリットを見ていきましょう。食育というと子供にばかり目がいきますが、「食生活」と考えれば食育の資格の役立つ場所は子供がいる場所ばかりではありません。

 

高齢者の多くなる福祉、介護の場で役立つのが「介護食アドバイザー」です。高齢者の数は増え、福祉や介護業界はこれからも必要となっていく仕事場の一つです。介護職アドバイザーの資格と知識は、その現場での貴方の働きをサポートするでしょう。

 

また、「フードコーディネーター」の資格は、フードビジネスに大きく関わってきます。食育だけでなく経営的な面も考えると、「フードコーディネーター」や「野菜ソムリエ」のような知識や資格はこれからの食育を重要視していく社会では、活かせる場所も増えていくでしょう。

 

以上のように、介護職や栄養士として働く上でもこれから食育の資格は重要になってくると思われます。社会的にだけでなく、貴方と貴方の周囲の人の食も守っていく知識を学べるのが、食育の資格を取ることで身に付くのです。