子どものための食育活動

子どもの食育というのは、近年とても重要視されているものです。

 

コンビニ弁当や出来合いのもの、お惣菜、外食、ファーストフードなどで食事を済ませるという子ども達も少なくはありません。

 

塾に通っている子ども達は特に、夕食などをコンビニ食で済ませていることが多くなっています。

 

私の子どもの頃もそうでしたので、随分と長い間そのようなことが続いているのではないでしょうか。

 

子どもの食育について考えて見ましょう。

 

食べるということを楽しい時間にする

「しっかり成長するために食べなくては・・・」「別に食べたくないけど食べないと怒られる・・・」

 

というように、このような意識を持ってしまっている子ども達が居るとすれば、とても危険です。

 

食べることを楽しい時間だと捉えられない場合には、食事の時間が苦痛になり、簡単に食べられるファーストフードなどに目が向きがちになります。

 

また、親と一緒に食べると怒られてしまうというような印象が強くなると、家族で食卓を囲むということも難しくなります。

 

子ども達が小さい頃から、食事の時間はなるべく怒らないように心がけ、子ども達が楽しく食事が出来る様にサポートを行っていく必要があるのです。

 

子ども達が小さい頃は、手づかみで食べようとしたり、口のまわりにたくさんつけてしまったり、つい口や手を出したくなってしまうこともあるかと思います。

 

ですが、小さい頃だからこそ、まずは食事を楽しい時間だと思ってもらえるように、見守ってあげることも大切です。

 

ある程度理解できるようになったら、おはしの持ち方などについて食事以外の時間にお話をする程度でいいのです。

 

もちろん手づかみではなく、しっかり食器を使用して食べられるようにすることも大切です。

 

また、子ども達が食事をすることが楽しくなるために、一緒に食事を作るということも効果的です。

 

食事を作る過程に自分が参加することによって、どのように作られているのかということを理解することが出来ます。

 

食事を楽しい時間にするために、家族団らんの時間を壊してしまう事がないように、注意していきたいですね。

子どものための食育活動記事一覧

「子どもが好き嫌いをする・・・」「どうしてもご飯を食べてくれない」という悩みがある方もおられると思います。どうしてこんなにも食べてくれないの!一生懸命作っているのに!と怒りたくなりますが、子ども達がご飯を食べてくれない本当の理由をご存知ですか?その理由を知り、今後の食卓について考えてみる事も大切かもしれません。子どもが好き嫌いをする理由せっかく栄養を考えて作っているご飯なのに、子ども達は残したり、...

フランスでは、90年代以降、肥満に悩む方が急激に増加しているとされています。肥満の低年齢化などが見られ、糖尿病患者も200万人、食欲不振症なども深刻となっています。その現状を踏まえ、2006年に第二次栄養健康国家計画というものが打ち出され、達成状況や評価などが行われています。そんなフランスの食育に、子ども達が食事を好きなる要素が詰め込まれていました。食べなさいと強制はしない日本では、子ども達が「こ...

食育への取り組みは、さまざまな場所で行われています。地域であったり、企業であったり、ショッピングモールであったり、場所や実施団体もさまざまです。その中で、小学校での食育の取り組みというのも、今とても盛んになっています。では、小学校の食育の授業では、一体どのような内容を学ぶのでしょうか。小学校の食育の授業ってどんなもの?小学校の食育の授業と聞くと、イメージできるのは家庭科で行われている授業かもしれま...

食育出前授業というものが人気となっていることをご存知ですか?あまり聞きなれない言葉かもしれませんし、食育について興味があるという方は、すでに経験されているかもしれません。今回は、食育出前授業についてご説明していきます。食育出前授業って何?食育出前授業とは、食育に取り組む食品の企業などの社員が学校等に出向き、授業を行うというものです。食育出前授業を行っている大手企業としては、キッコーマン株式会社、雪...

食育が盛んになっている今、”食農教育”という言葉を聞いたことがある方もおられるかもしれません。この食農教育、食育とは何が違うのか、どのようなものなのかということについて知識をつけておきましょう。食育と農業をあわせたものが「食農教育」食農教育とは、食事の多彩な役割の重要性を伝えていく食育に加えて、食を支えている農業に関しての知識や体験などを含む教育のことです。食農教育は主にJAグループが行っているも...