食農教育とは?

食育が盛んになっている今、”食農教育”という言葉を聞いたことがある方もおられるかもしれません。

 

この食農教育、食育とは何が違うのか、どのようなものなのかということについて知識をつけておきましょう。

 

食育と農業をあわせたものが「食農教育」

食農教育とは、食事の多彩な役割の重要性を伝えていく食育に加えて、食を支えている農業に関しての知識や体験などを含む教育のことです。

 

食農教育は主にJAグループが行っているもので、種をまいて、作物を育て収穫し、食べるという過程から農業をしってもらい、食を支えている農業に感謝の気持ちと理解をもってもらうという取り組みです。

 

学校給食では、地場産農産物を供給することによって、新鮮で安全な旬の野菜を子ども達に食べてもらいます。

 

そして、生産者を給食の時間に招待し、自分たちの地域の農産物などを愛してもらうという目的もあります。

 

ただ食べ物を食べるというだけではなく、その背景にある動植物のいのちについて考え、食と農という繋がりを学んでもらうことが最大の目的です。

 

どんな取り組みがあるの?

例えば、田んぼや畑、ビニールハウスなどで植え付けから収穫までを体験してもらうというような取り組みです。

 

農業の現場における苦労を知ることによって、感謝の気持ちなどをもつことが出来ます。

 

また、地元の農産物を使用し、地域の伝統料理に挑戦するという取り組みもあります。

 

ただ単に調理するのではなく、伝統料理を地元の農産物を使用して作るというところがポイントなのです。

 

また、JAグループでは、日本の稲作や農業にもっと触れて考えて欲しいという願いから、バケツ稲づくりセットというものを配布しています。

 

バケツで稲を育てるため、ベランダなどで行う事が出来ます。

 

学校などでお米学習の教材としても活用されており、自宅で稲の成長を見守っていく事も出来ます。

 

子ども達が学校の近所にある畑に苗などを植えて育て、収穫した食材が給食のメニューになるというような取り組みもあります。

 

自分たちで育てた食材であれば、なおさら苦労や大切さが分かるのではないでしょうか。