フードコーディネーターとは?

フードコーディネーターとは、NPO 法人の日本フードコーディネーター協会が主催する民間資格です。

 

簡単に言うと、「食」という文化を活用して「人・モノ・場所」などの分野を繋ぎ、一つの形にコーディネートするスペシャリストなのです。

 

例えば「飲食店のメニュー作りやコンサルティング」「テレビや雑誌などの料理の盛り付け」「料理とマッチする食器類の演出」「料理教室の運営」など仕事の幅は多岐に渡っています。

 

フードコーディネーターに求められるもの

フードコーディネーターは 1 級、2 級、3 級に分けられています。上級になるほどに専門性が強くなり、高度なコミュニケーション能力やチームマネージメント能力が求められます。

 

ほとんどのフードコーディネーターはフリーランスで働いていますが、実績を積めば企業のアドバイザーとして雇われて商品開発などに関わることもできます。また講演会を開いて全国を回っているフードコーディネーターもいるようです。

 

この職業は「食」についての深い知識とスキルが求められるのはもちろんですが、それと同様に重要なのが「ビジネス感覚」と言われています。

 

なぜならメニュープランニングやレストランのプロデュースに携わる場合、集客力やコスト削減、経営マネジメントを考慮しながら仕事を進めていく必要があるからです。

 

資格を取得する方法

資格が無くても相応の知識とスキル・実績があれば、フードコーディネーターとして働くことができます。しかし、クライアントからの信頼を得るには資格があった方が説得力が増します。

 

資格を取得するには、日本フードコーディネーター協会が実施する認定試験にパスしなければいけません。フードコーディネーターの入門編となる 3 級の難易度はそれほど高くはありません。合格率は約 80 %代を推移しています。

 

比較的に取得しやすい資格なので、通信講座や市販されている教材で独学での試験合格も可能です。

 

食に関わる職業の中でも際立った地位を業界で確立しているフードコーディネーターは、やりがいと魅力に溢れた仕事です。ぜひ資格取得にチャレンジしてみて下さい。