【食育】資格取得に期間はどれくらいかかる?

数多くの資格が準備されている食育に関する資格ですが、ピンからキリまであるので資格取得の難易度は一概には語ることができません。

 

そんな中で、すぐ明日にでも資格取得したい!というわけには行かず、当然の事ながら準備をして試験を受けて臨むことになります。

 

では、食育資格を取得する場合の取得期間はどの程度見ておけばよいのでしょうか?

 

今回は、食育資格の取得期間について説明します。

 

初心者向けの食育資格の取得期間は?

食育関係には、初心者でも取得できる資格も多く用意されています。

 

例として、食育インストラクターや食育アドバイザー、食育メニュープランナーなどが筆頭として挙げることができます。

 

取得方法としては、通信講座や通学講座で学習してから認定試験を受けて、合格すれば取得することができます。

 

取得期間という面では、通学講座が最も効率よく取得できる方法になります。

 

食育アドバイザーで言えば、なんと1日間の通学講座を受講するだけで、取得できます!

 

但し、最もレベルの低い4級の取得者向けのものになります。

 

その他でも、約2ヶ月程度の通学で取得できるコースも有ります。

 

じっくり学びたい場合には、このコースを選択してみたいところですね。

 

参考に、通信講座の場合は、約4ヶ月の標準学習期間と設定しているケースが殆んどです。

 

上級者向けの食育資格の取得期間は?

では、逆に上級者向けの食育資格の場合は、どの程度期間がかかるものなのでしょうか?

 

プロフェッショナルな資格である食育スペシャリストの場合は、こちらも通学講座で短期コースで約1ヶ月間の学習で取得できます。

 

但し、内容としてはじっくり学習して取得したい資格であり、専門学校に通って学ぶ方も多い資格です。

 

また、この資格には通信講座はなく、通学講座を受講した方のみが取得できる資格になります。

 

それだけ、高いスキルを要求されるしかくであるのですが、短期コースで1ヶ月で取得できるのには驚きですね。