食育とは?

「食育」とは、食に関する正しい知識と実践力を持って、健全な食生活を送ることができる人間を育てることを言います。

 

“ 衣・食・住 足りて礼節を知る ” という諺があるように、「食」は人のあらゆる教育に通じている大事な要素なのです。しかし、私たちが生活を営んでいる今の社会では、その食の重要性が希薄になりつつあるようです。

 

それを象徴するように、現代の多くの人は肥満、ガンや糖尿病などの生活習慣病、過食、拒食などの「食」に関わるあらゆる病気、問題を抱えています。

 

昔から提唱されていた「食育」

こうした現状を重く受け止めた日本政府は、2005 年 6 月 10 日に「食育基本法」を制定しました。食育基本法は世界でも前例のない法律として注目されており、国を挙げて国民の食生活を改善しようとしています。

 

「食育」という言葉は、近年になって一般的に使われて広まりましたが、実は意外と歴史が深い言葉なのです。この言葉は、石塚 左玄という医師によって造られたそうです。

 

石塚は本もいくつか出版しており、その著作の中で「体育 智育 才育は即ち食育なり」と書いています。つまり健康な体、賢い頭脳、恵まれた才能の全ては栄養となる「食」が支えているということではないでしょうか。

 

英語にも “ You are what you eat.(あなた自身はあなたが食べたもので形づくられている)” という言葉があります。これらの言葉は、非常に的を得ていて食の本質を上手く表現していると思います。

 

食育で偏食からの脱却を図る

日本の食文化は、世界から見ても特殊な文化を築いていると言われています。味覚が優れている日本人だからなのかもしれませんが、世界中のありとあらゆる食文化を融合・昇華させる能力を持っているのです。

 

しかし、現代の日本の食習慣は国籍を持たずに広まった「ファーストフード」に偏っている傾向があります。日本政府はこのファーストフードの過食に警鐘を鳴らし、世界からも再注目され始めた健康的な和食への回帰を促しています。

 

「食育」は、これからも私たちの食生活の「基準」として根付かせていかなくてはならない言葉なのです。