食育資格の難易度はどれくらい?

今とても人気の高い食育資格ですが、この資格を取得する上では、やはり難易度が気になるところです。

 

そこで、食育資格の難易度は一体どのくらいなのかという事について、ご説明していこうと思います。

 

食育資格には種類がたくさん!

今人気の食育資格ですが、この食育資格にはとても多くの種類があるという事をご存知ですか?

 

難易度を見ていく前に、食育資格には様々な種類があるという事を理解しておいてくださいね。

 

食育資格には、以下のような種類があります。

 

・食育アドバイザー
・食育インストラクター
・食生活アドバイザー
・介護食アドバイザー
・フードコーディネーター
・ヘルシー&ビューティーフードアドバイザー
・上級食育指導士
・食育スペシャリスト
・薬膳コーディネーター

 

など、このような資格が存在しています。

 

就職や転職などに有利に働くものもありますし、自分や家族に対して有効的なものも多くあります。

 

食育資格の難易度はどれくらいなの?

これらの資格取得の難易度を知るために、その合格率について見てみようと思います。

 

日本能力開発推進協会(JADP)が認定している民間資格である、「食育アドバイザー」の認定試験についてです。

 

食育アドバイザーの合格率は、約70%程度とされており、この合格率からすれば、難易度が高い試験だとは言いがたいと思います。

 

試験を受験するための受験資格として、カリキュラムを修了することが必須となりますので、指定される通信講座を受講し修了しましょう。

 

講座を修了すると、次はいよいよ試験を受験することになります。

 

ですが、この試験は自宅で受験することが可能となっているため、家で自分で学習し、その集大成として、テキストを見ながら試験を受ける事が出来るのです。

 

そうなると、丸暗記などの必要がありませんので、自分が理解しているかどうかがポイントです。

 

いくらテキストを見ながら回答して良いとなっても、やはり勉強はしっかりと行っておくべき事です。

 

このような点を踏まえても、やはりあまり難易度が高い試験とは言えなさそうです。