【江上料理学院】フードコーディネーター講座とは?

食育と聞くと、どうしても教育的なイメージを持ってしまいがちなのですが、考え方によってはそうではありません。

 

教育的なものではなく、「家庭の幸せは、愛情をこめた料理から・・・」という考え方で生徒に指導を行っている学校があります。

 

それは、江上料理学院です。江上料理学院は、楽しみながら実力をつけることが出来る家庭料理専門の学校であり、90年の歴史を持つ学校です。

 

在校生は男女問わず、また、年齢層も幅広く、これまでに10万人以上の卒業生を送り出しています。

 

こちらの学校で開講されている講座の一つに、「フードコーディネーター講座」があります。

 

取得できる資格は、フードコーディネーター3級の資格です。

 

講座を修了することによって、フードコーディネーター3級の資格認定試験が免除されることになります。

 

具体的に、講座の特徴はどのようなものがあるのか、評判はどうなのかという事について、見ていきたいと思います。

 

フードコーディネーター講座の特徴は?

・現役フードコーディネーターやカラーコーディネーターによる授業と実習が受けられる
・商品開発からテーブルコーディネート、フードビジネスなど幅広く学ぶことが出来る
・実習はチケット方式で自由自在!
・NPO日本フードコーディネーター協会(FCAJ)の理事6名による授業も

 

など、このような点が講座の特徴となっています。

 

現役フードコーディネーターによる授業や実習だけではなく、カラーコーディネーターによる授業や実習もありますので、幅広く学ぶ事が可能です。

 

また、商品開発やテーブルコーディネートなど、様々な内容を学べるようになっていますので、多くの知識や技能を身につけることが出来ます。

 

実習については、チケット方式がとられています。

 

このチケット方式とは、好きな時間に自由に学べるチケットを購入し、週1回でも月1回でも、好きな時に授業を受ける事が出来るというものです。

 

有効期限は購入日より2年間と長く、自由度が高いだけに受講料はやや高めの360,000円+税となっています。

 

こちらの講座では、調理実習10回がチケットにて受講できるようになっています。

 

食品食材の基礎知識だけではなく、食習慣やマナー、マーケティング、調理方法、盛り付けやコーディネート、お酒、撮影テクニック、食のカラーコーディネート、テーブルコーディネートなど、学べる内容は実に多彩です。

 

それぞれの分野において、NPO日本フードコーディネーター協会の理事6名による授業を受ける事が出来ます。

 

フードコーディネーター講座の評判は?

こちらの学院にてフードコーディネーターの資格を取得したという方は多くおられたのですが、その講座の評判については知ることが出来ませんでした。

 

一つだけ口コミを見つけることが出来ましたので、ご紹介します。

 

・クラス制でフードコーディネーターの講座を受講したのですが、とても雰囲気が良く楽しかったです

 

盛り付けや食空間コーディネートの授業の楽しさについて、書かれているページがありました。

 

雰囲気が良いというのはとても素晴らしく、それだけでも学ぶ意欲がわいてきます。

 

内容も大切ですが、やはり雰囲気もとても重要なのではないでしょうか。