【食育の資格】家族の健康管理に活用するには?

一般的に言うと、資格といえば何かの職業で仕事をする上で必要とされるものというイメージが有ります。

 

もちろん、運転免許などは普段の生活で必要になるものですが、一般論として総じて言えば、やはり仕事に必要なものという感じですよね。

 

そんな中で、職業以外で活かすことができる資格として、食育資格が挙げられます。

 

食育とは、その名の通り食に関する知識を人に教えることができる事を言います。

 

食事は、人間が誰もが行う基本的なことですので、食育に関する知識は通常生活でも活かすことできるのです。

 

今回は、数多くある食育に関する資格の中で、家族の健康管理に活用できる資格について紹介してまいります。

 

一般生活で使える食育資格は?

まずは、一般生活全般で活かすことができる食育資格について紹介します。

 

先に紹介した通り、食育に関する資格は数多くあるのですが、その中で一般生活に関連する資格としては食育インストラクター、食育アドバイザー、醸しにすと、食生活アドバイザー等が挙げられます。

 

他にも、美に関するスペシャリスト資格として、ヘルシー&ビューティーフードアドバイザーなどがあります。

 

ただ、どれを取得すれば良いの?と非常に悩んでしまいがちですので、手軽に取得できて役に立つ食育アドバイザーについて的を絞って紹介します。

 

食育アドバイザーとは?

食育アドバイザーとは、食育に関しての一般知識を持っていることを証明する資格になります。

 

あまり専門的なことまでは踏み込んでいないものの、家族の健康管理をできるレベルの知識を得ることができます。

 

例えば、肥満やアレルギーを持つ家族がいる場合、食事指導を普段から行うことができるんです。

 

また、生活習慣病予防のための食事メニューを作ることもできますので、正しく家族の健康管理を行うことができるのが、食育アドバイザーなんです。

 

資格取得に関しては、通信講座で知識を得て、その後に資格試験を受講し合格すれば取得できます。

 

食育資格の入門編という位置づけの資格ですので、食育アドバイザーから他の上級資格へチャレンジしていく、という事も可能です。