食育アドバイザーとは?

「食育アドバイザー」とは、基本的に食育系の資格を有している人の総称です。正確には日本能力開発推進協会が認定する「食育アドバイザー」という民間資格のことを指します。

 

この資格は正しい食の基礎知識を身に付けた食育のスペシャリスト育成を目的としています。

 

また習得した知識やスキルを正確に伝えることができるコミュニケーション能力も求められているので、資格取得後は将来的に保育や教育現場にも活躍の場を広げることができます。

 

では、この食育アドバイザーにはどのようにしてなることができるのでしょうか?

 

受験資格

まずこの資格を取得するには、日本能力開発推進協会が認める教育機関(通信教育など)でカリキュラムを修了しなければいけません。

 

日本能力開発推進協会が公認している資格講座でキャリア カレッジ ジャパンの「食育アドバイザー資格取得講座」というものがあります。この講座は約 4 ヶ月ほどで修了できるように作られているようです。

 

カリキュラムの内容は食育の基礎知識はもちろん、食品の安全性、栄養学、消化・吸収の仕組み、食材、食育活動などについても学習します。

 

資格取得までに掛かる費用は、41,600 円( 講座の受講料 36,000 円と試験料 5,600 円 )掛かります。

 

難易度は初心者も対象にしている民間資格であり、在宅で受験することができるのであまり高くないことが予想されます。

 

限られた教材で取得を目指す

試験対策ですが、比較的に新しい資格なので教材があまり出回っていません。通信講座の数もそれほど多くはないので、低価格なキャリア カレッジ ジャパンの「食育アドバイザー資格取得講座」を受講して合格を目指す方法が一番良いかもしれません。

 

一般の方にはあまり馴染みのない「店舗の運営や管理」についての知識も求められるので、焦らずにテキスト内容を熟読して理解できるようにしていきましょう。

 

資格を取得した方の中には、介護や医療の現場でも活躍している人もいます。

 

お年寄りや身障者の方の体力や健康の維持をサポートしていくために栄養管理はとても重要なのです。こうした現場で働く人は美味しい食事を提供するだけでなく、衛生面にも注意を払わなければいけないので食の正しい知識が必要とされています。

 

食育アドバイザーは高齢化社会の日本にあって、これからもっとニーズを高める資格になっていくかもしれません。