【食育の資格】飲食業界で活用するには?

食育はもはやブームではなく、完全に世間一般的に定着していますよね。

 

それを裏付けるものとして、食育に関する資格が整備されたという点が挙げられます。

 

なんと、14もの食育に関する資格が登場しているのをご存知でしょうか?

 

個人で知識を得たいレベルのものから、実際に仕事として活かす知識を習得できるものまで、多種多様な資格体系をとっているんです。

 

その中でも、飲食業界で使える食育資格は需要が高くなっています。

 

では、具体的に飲食関係で活用できる資格にはどのようなものがあるのでしょうか?

 

飲食関係で活用できる食育資格とは?

飲食関係で活かせる資格として最もメジャーなのが、フードコーディネーターです。

 

フードコーディネーターとは、食に関するビジネスをプロデュースしたり、マネージャーとして活躍できる資格になります。

 

もちろん、それ相応のスキルを持った者のみが取得できる資格でありますし、取得に関してはそれなりに大変な資格です。

 

通信講座でも約1年間という長期間の学習が必要な資格であります。

 

ただ、フードコーディネーターを取得できれば、必ずや活かす場所がある資格でもあるので、とても人気の高いものとなっています。

 

他にも食育資格はある?

その他の飲食関係の食育資格としては、フードアナリストがあります。

 

こちらは、フードコーディネーターより敷居の低い資格でありますが、フードアナリストの中でも4段階のレベルを設けています。

 

この資格は、主にレストランを客観的に評価できる事を目的とした資格です。

 

レストランのメニューだけでなく、雰囲気なども評価することになります。

 

この評価ができるということは、そのレストランをどのようにすればより良くなるかが見えてくるので、フードコーディネーターに近いスキルを持っていることの証明にもなります。

 

フードアナリストは、費用面でも通信講座であれば約50000円程度で取得できる資格になりますので、気軽に取得できるのも魅力の一つになります。