「服部栄養専門学校 栄養士科」の特徴、評判とは?

服部栄養専門学校では、いくつかのコースが設けられており、その中の一つに、栄養士科というものがあります。

 

この栄養士科は、座学ではなく実際に調理が出来る栄養士を目指している方のために作られているコースとなっています。

 

実習と実験を繰り返し、知識と実力を身につけていくことが可能となっており、卒業後には無試験で国家資格である栄養士の免許を取得することが出来ます。

 

そのため、卒業後にすぐに社会に出て活躍していくことが可能です。

 

栄養士とは、食生活をコーディネートしていく仕事であり、ただ食事や栄養について知っていればいいというわけではありません。

 

健康とは何なのか、健康を維持していくための栄養は何かというようなことなど、幅広い知識が必要となります。

 

服部栄養専門学校では、実験や実習を中心としたカリキュラムによって、体験しながら身につけるという学習が可能です。

 

服部栄養専門学校 栄養士科の特徴は?

1.多くの実験と実習を通して、調理が出来る栄養士になれる
2.一流の外部講師を招いた特別授業もある
3.卒業後には無試験で国家資格である栄養士の免許が取得できる
4.管理栄養士の資格取得を目指すことが出来る
5.通学期間は2年間

 

専門学校ということもあり、実習が豊富に組まれているカリキュラムとなっています。

 

座学だけではなく、実際に調理が出来る栄養士として活躍できるようになります。

 

また、外部講師を招いての特別授業などがありますので、毎日の講義が楽しみになります。

 

卒業後に無試験で栄養士の免許を取得でき、その後管理栄養士の資格取得を目指すことが出来ますので、ステップアップにも繋がります。

 

1年目には栄養士としての専門知識を身につけるための土台を勉強していきます。

 

そして2年目には、栄養士として働くための専門的な実習や専門科目などを学習し、実践力を身につけていきます。

 

専任講師は食生活のプロフェッショナルなので、技術やセンスなど全てをサポートしてもらうことが可能です。

 

服部栄養専門学校 栄養士科の評判は?

・講義や実習にて有名店のシェフなどと関わる事が出来る
・先生がみんな親しみやすい
・就職先が幅広い
・実習の内容がとても充実している
・有名な学校なだけに、自信が持てる

 

など、このような評判となっています。

 

先生との関わりは学生生活では重要となりますし、実習が充実しているということも大きなポイントとなります。

 

専門学校などで学びたいという方にはおすすめと言えます。