食育はなぜ大切なの?

今の日本では食育がとても注目されていますが、この食育、なぜそこまで大切だとされているのか、ご存知ですか?

 

ここでは、食育はなぜ大切なのかについて、ご説明していきます。

 

なぜ食育が大切なのかについて

食育が大切だとされている理由には、様々なものがあり、食育の捉え方にも様々なものがあります。

 

では、食育がなぜ大切なのかという事について、見ていきましょう。

 

◎食べたいものを簡単に食べられるということ
◎食が欧米化しているということ
◎朝食を抜いている人が多いということ
◎食の常識を知らない人が多いということ

 

など、食育が大切とされる理由には、このようなものがあるのです。

 

では、順にご説明します。

 

食べたいものを簡単に食べられるということ

今は、コンビニやスーパーなどが多く立ち並び、食べたいものを少し歩くだけで食べられるようになりました。

 

そのことから、栄養なども考えずに、どんどん食べたいものを好きなだけ食べ、そして太っていくという環境になっているのです。

 

生活習慣病などが深刻化しているのも、このようなことが原因の一つとなっていることがあります。

 

食べたいものを簡単に食べられるというのはとても嬉しいことですが、考えなくてはならない点も多くあるのです。

 

食が欧米化しているということ

ファーストフード店などで食事を済ませる方が多くなっている中、日本では古来からの食事というものが失われつつあります。

 

白米を食べるよりも、パンやハンバーガーなどを食べるほうが多くなったという方もおられるのではないでしょうか。

 

魚、野菜、白米、味噌汁というような日本古来からの健康的な食事から遠ざかっているというのは、とても大きな問題となっているのです。

 

栄養のバランスが崩れ、身体に悪い食生活となっていることから、正しい食の知識を身につけるべく、食育が注目されています。

 

朝食を抜いている人が多いということ

最近では、朝食を抜いている方が増えています。これは、大人だけの話ではないのです。

 

実は、朝食を食べない親の影響を受けて、子ども達まで朝食を食べずに学校に行くという家庭が多いのです。

 

朝食はその日活動するために必要となるエネルギーを補給するものです。

 

もちろん、勉強するために頭を働かせるという意味でも、とても重要な役割を担っているものなのです。

 

朝食を抜くというのは、身体にも良い影響は与えません。

 

このような事が常識化する前に正していかなくてはなりません。

 

食の常識を知らない人が多いということ

食の常識を知らない人が多く、バランスよく栄養が摂れる食事をしていると思っていても、実は勘違いであることが多いのです。

 

食育について学ぶことで、「え?!そうなの?!」と驚くようなことがあるはずです。

 

正しく食を理解することで、家族の健康を守っていく事が出来る様になります。

 

このような理由から、食育がとても大切だとされているのです。