食育インストラクターとは?

食育の資格について

以前にも何度か触れましたが、食育の資格は様々なものがあります。食育、と名がつく分かりやすいものから、フードコーディネーターやヘルシー&ビューティアドバイザー、介護食アドバイザーや食生活アドバイザーなど…。

 

名前を見ただけでは、その仕事がどんなものか想像が付きにくく、分からないものもありますね。ここではその内の一つ、食育インストラクターについて簡単に解説をしていきたいと思います。

 

食育インストラクターとは?

食育インストラクターは食育に関する幅広い知識を持ち、その食育の基礎が身についているかどうかの認定が食育インストラクターの資格、という訳です。因みにこの資格は「食育基本法」の制定に関わった服部幸應氏が監修している資格なので、食育というとこの資格だと思う人が多いですね。

 

名前が知られているだけあって、取得人気も高い資格でもあります。この資格は取得することで、幅広い分野での活躍が期待されます。

 

食育インストラクターの活躍場所

食育インストラクターは厳密に言うと栄養士の資格とはまた違います。

 

どちらかというと栄養士が更に知識の幅を広げたり、スキルアップとしての+αの知識として身に付けることの多い資格です。

 

しかしそれだけに教育現場や介護施設、福祉施設などで働いている栄養士的な仕事以外にも様々な場所で広く働ける資格でもあります。

 

栄養士が食べ物の栄養、カロリーなどの知識があるなら、食育インストラクターは「食」そのものに関しての知識がある資格であると考えると、想像がしやすいでしょうか。

 

例えばスーパーの野菜コーナーで話題になった野菜ソムリエのように、お惣菜のコーナーで働く食育インストラクターは、また話題を呼ぶかもしれません。もしくはその知識や料理の腕を活かし、食育推進の料理教室を開いたりするなどしても活躍の場となるでしょう。

 

更に身近であり、今後必要とされてくる知識、そしてそれを伝えることが食育インストラクターの仕事なのです。