食育資格とは?

食の安全が叫ばれる昨今、食に関する資格も年々整備されてきている印象を受けます。

 

少しでも安全なものを口にしたいというのは、人間にとって当たり前の欲求ですし、それを担保していくのが提供者の勤めでもあります。

 

そんな食に関する資格の中でも、食育という資格がにわかに注目を集めています。

 

では、その食育資格とは、どのような内容の資格制度なのでしょうか?

 

今回は、食育資格について解説していきます。

 

食育資格とは?

まずは、食育とは何かについて解説します。

 

食育とは、食に関する基本的なこと(食べる、飲む、作る)から、食材に関する細かな内容に至るまで、食に関する知識を得て、それを実践し、更には人に伝えることを言います。

 

食に関するエキスパートというのが最も適切な表現でありますね。

 

そんな食育に関するエキスパートとしての証として、食育資格があります。

 

食育資格は、残念ながら国家資格ではなく、あくまでも知識を持っていることの証明のみ行える資格になります。

 

ただ、確実に需要が高まっている資格ですので、肩書だけでも十分世間的に通用する資格でもあります。

 

食育資格の種類は多い!

実は、食育資格と言っても多種に渡る資格になります。

 

例えば、個人向けの食事のメニューを提案することができるようになる、食育メニュープランナーであったり、フードビジネスで役に立つフードコーディネーターなどの本格的な資格まであります。

 

ざっと数えただけでも、なんと10以上もの食育に関する資格があるのです!

 

ちょっとした食育に関する知識を持っておきたい人向けの初心者向けのものから、本格的なビジネスに活用できるものまであるので、自分に合ったものを必ず発見できるはずです。

 

食育資格の取得方法は?

食育資格は、先に紹介した通り国家資格ではありません。

 

殆どの資格が、資格要件なく講座を受けてテストをクリアすれば取得できるものばかりです。

 

また、通信講座での勉強が可能となっているものがほとんどですが、プロ向けの資格はそれなりの費用が必要となります。