マクロビオティックセラピストとは?

マクロビオティックセラピストとは、社団法人の日本能力開発推進協会が認定する民間資格です。

 

この資格は、協会認定のキャリア カレッジ ジャパンが提供する「マクロビオティックセラピスト資格取得講座」を受講し、認定試験をクリアすれば取得できます。

 

受験資格は特に設けられておらず、平均学習期間は約 4 ヶ月です。在宅での受験なので、主婦の方でも気軽に始めやすい資格として注目されています。

 

では、この資格はどんなものなのでしょうか?

 

天地の理を取り入れた食事法

マクロビオティックはアメリカではすでに定着しており、多くの人が実践している美容と健康に効く食事療法です。

 

日本ではアメリカのハリウッドスターやトップモデルが実践していることから一気に注目され始めました。マクロは「大きい」、ビオは「生命」、ティックは「術学、技術」と 3 つの意味合いからなる言葉です。

 

日本にあってのマクロビオティックセラピストは、日本の和食で使用される食材を中心とした食事で、人々の美容や健康維持を増進させることが仕事です。

 

ベースとなるアイデアは西洋医学ではなく、東洋思想の「易」の原理を組み合わせて「玄米菜食」の食事スタイルを確立しています。

 

「易」の原理とは、天地自然・宇宙には変わっていくものと不変のものがあり、その法則に沿ってシンプルに物事を考えていくことを説いたものです。

 

「自然の恵みをそのままいただく」というシンプルな考えを「マクロビオティック理論」と呼びます。この理論による食事療法は、ガンの発生率を抑えるなどの効果が科学的研究によって実証されているようです。

 

マクロビオティックセラピストの活躍

マクロビオティックセラピストは、主に飲食・外食チェーン店、食料品メーカー、医療・福祉機関、美容業界などの多くの分野で活躍することができます。また講習会やセミナーを開講している人も少なくありません。

 

これからもニーズが高まっていくことが見込まれる資格なので、取得しておけば就職や転職にも役立てることができるでしょう。特に女性にオススメしたい資格なので、ぜひチャレンジしてみて下さい。