食育の資格取得|効率的な勉強方法とは?

ピンきりな資格が用意されている食育に関する資格ですが、どれも試験が用意されているので学習無しで資格取得はできません。

 

また、上級の資格となると、指定の通学講座を受けないと試験すら受講することができません。

 

そんな食育資格ですが、出来ればお金と時間をかけずに資格取得したいですよね?

 

そこで、食育資格を取得するために最も効率の良い勉強方法について紹介してまいります。

 

時間的に効率の良い勉強方法は?

取得までの期間という観点で見た時に、最も効率のよい勉強方法として通学講座の受講がオススメです。

 

通学講座とは、指定の会場で行われる集合教育のことを言います。

 

講師が親切丁寧に教えてくれるので、知識効率よく頭にいれることができるのが特長です。

 

通学講座は、取得する資格のレベルにもよりますが、最短では一日8時間の講義を受けるだけで資格取得の知識を得ることができるコースがあります。

 

上級のものでも、約5ヶ月間の通学講座を受講して資格を取得できます。

 

専門学校に2年間通うと考えれば、約半年で資格取得できるのは非常に効率が良いといえます。

 

費用的に効率の良い勉強方法は?

費用面で見た時に、最も効率が良い方法として通信講座が挙げられます。

 

通信講座とは、送付されるテキストやDVDを見ながら、食育に関する知識を得ることができる方法です。

 

自分のペースで学習できるのがメリットとして上げることができますし、更に費用面で見た時に通学講座よりはるかにリーズナブルな費用設定となっています。

 

初心者向けの食育資格では、約4ヶ月の学習期間で40000円程度の費用で通信講座を受けることができます。

 

究極の効率を求めるなら独学?

時間や費用の両面の効率を求めるなら、独学という方法も有効です。

 

費用面で言えば参考書代だけであとはひたすら勉強すれば良いだけですので、効率的ともいえます。

 

但し、それなりに勉強方法を心得ていないと無駄な努力となってしまいますし、指定の講座を受けていないと取得できない資格もありますので、全てにおいて独学が有効ではないことは理解しておく必要があります。