ペットボトルのお茶は体に悪いって本当?

喉が渇いたからジュースを飲もう!でもジュースは飲みすぎると身体に悪いからお茶にしよう!というような流れになることは多いのではないかと思います。

 

コンビニやスーパーなどですぐに購入できるため、ペットボトルのお茶はとても重宝しているという家庭も多いのではないでしょうか。
お茶の葉を使用しているという家庭はあまり無いかもしれません。

 

ですがこのペットボトルのお茶、実はとても身体に悪いとされていることをご存知ですか?

 

ペットボトルのお茶はお茶じゃない?!

お茶には様々な種類があり、中には脂肪を減らすと謳われているお茶も販売されています。

 

その多くがペットボトルでの販売となっており、飲み干さなくても保存できたり、食事にも合うという理由から人気があります。

 

お茶の葉を使用して作るお茶であれば、カテキンなどが含まれているために、身体に良い効果があります。

 

ですが、ペットボトルの場合には、健康的な飲み物どころか、とても危険な飲み物だとされているのです。

 

その理由としては、以下のようなものが挙げられます。

 

・原料の茶葉が中国産であることが多い
・ビタミンCの罠

 

原料の茶葉が中国産であることは、どうして危険なのでしょうか。

 

それは、残留農薬があるためです。

 

収穫される夏には害虫も多くなりますので、農薬の量が必然的に多くなってしまうために残留農薬があるとされています。

 

大量の農薬や異物などが含まれているものを日本に輸入し、不純物を取り除いているようです。

 

茶葉や茎に使用されている農薬は、洗って落ちるようなものではありません。

 

つまり、残留農薬をそのまま口に入れているのと変わらないというような指摘もあるのです。

 

そして、ペットボトルのお茶によく記載されている「ビタミンC」ですが、実はこれ、天然の栄養素ではないのだとか。

 

というのも、このビタミンCの場合には、酸化を防止するための化学物質であるビタミンCだとされているのです。

 

なぜペットボトルのお茶が日持ちするのかという事を考えると、納得してしまうような話なのではないでしょうか。

 

このような事から、ペットボトルのお茶は身体に悪いと言われています。

 

実際に飲んですぐに何か身体に異変があるわけではないために、美味しいし問題ないからいいでしょ!と思ってしまうかもしれません。

 

ですが、健康な生活を送っていくためには、今問題が起きているかどうかではなく、この先どのような問題が起きるのかをよく考えていく必要があります。