食育スペシャリストとは?

食育スペシャリストとは、2007 年 2 月よりヒューマンアカデミーで開講された NPO 法人「みんなの食育」監修による食育資格です。

 

この資格は「食」についての深い知識を企画力とプレゼンテーション力を用いて食育活動していくことを目的とした資格です。

 

効率性が上がった講座内容

現在、食育スペシャリストの講座はリニューアルされて最短で 3 日で資格取得できるようになりました。

 

以前までは全カリキュラムを 32 時間で修了できましたが、新しいカリキュラムはその半分の 16 時間で修了することが可能のようです。

 

効率よく学べるようにカリキュラム内容も厳選されて最も重要な部分のみに絞り込まれています。

 

また授業時間が半分に短縮されたので、受講料も従来の約半分に抑えられています。入学金が 32,400 円、受講料は 132,920 円(受験料・教材費込み)です。

 

一度に複数の資格が取得可能

この新しい食育スペシャリストの最大の魅力は、5 種類のフード・インストラクター資格と食育スペシャリストの計 6 種類の資格が取得できるという点です。

 

元々、これまでの講座にもフード・インストラクター資格は含まれていたのですが、リニューアルを機に「くだもの編」が加えられたようです。

 

フードインストラクターとは、食育に重点を置いた食材の調理方法、食べ物ができるまでの過程と流通、安全性などが学べる資格です。他の食育資格と一線を画すのは、食材を個別に分けてかなり詳しく学習できるところです。

 

新「食育スペシャリスト」のカリキュラム内容は 7 教程に分けられており、最後に認定試験にチャレンジします。

 

フード・インストラクターの課程では、第 1 教程「食育概論とくだもの編」、第 2 教程「野菜・穀物編」、第 3 教程「畜産・魚編」を学びます。

 

その後に食育スペシャリストの課程に移り、第 4 教程「食を取り巻く社会の動きとメタボリックシンドロームと食育」、第 5 教程「おとな・子どもの食育」、第 6 教程「食事バランスガイド・メニュープランニング」、第 7 教程「食育情報の収集と発信、プレゼンテーション」などをこなしていきます。

 

食育に興味のある方は、食育のことが幅広く学べる「食育スペシャリスト」にぜひチャレンジしてみて下さい。