【ユーキャン】食育実践プランナーの評判、特徴とは?

現代社会が抱える問題の一つに「食生活の偏り」があります。この食生活の問題を受けて、国は 2005 年に「食育基本法」を制定して国民の食生活の改善を図ろうとしています。

 

バランスの取れた食事は人が健康に生きていく上で欠かせないものなので、食に関する正しい知識と習慣を身につけることが求められています。

 

こうした現状がある中で、2015 年に新しく誕生した食育資格があります。それがユーキャンの「食育実践プランナー」という資格です。

 

では、これはどのような資格なのでしょうか?

 

お母さんにオススメしたい資格

食育資格の代表的な資格の1つに「食生活アドバイザー」というものがあります。

 

ユーキャンではタレントのローラさんが出演する CM でお馴染みの資格ですが、これは食生活に関する幅広い知識を身につけて健康管理に役立てることができ、主に企業で必要とされている資格です。

 

この資格とは対称に、食育実践プランナーは家庭にあって家族単位での食生活指導を目的とした食育資格なのです。

 

特徴的なのは、食事のマナーや食材の目利き方法なども学べるという点です。これらの点から汲み取れることは、「お母さん目線」に立って作られた資格であると言えることです。

 

また各家庭のママさん達も、食育実践プランナーで学べる知識やスキルを求めているようです。

 

また食育実践プランナーは日本味育教会の認定資格であり、同協会の代表を務める宮川 順子先生の監修によって作られました。宮川先生はご長男のアレルギーをキッカケにしてオーガニック料理を勉強され、今ではいくつかの料理教室を主宰されています。

 

またフードコーディネーターとしても活躍されているようです。

 

取得を後押しする充実のサポート

資格を取得する為の試験は随時行われていて、在宅で受験することができます。試験はマークシート方式で、70 %以上の正解率で合格できると言われています。

 

ユーキャンでは受講期間が 1 年で、受講期間中であれば何度でも試験にチャレンジすることが可能です。忙しいお母さん達でも安心して資格取得が目指せるようにサポートも充実しています。

 

まだ始まったばかりの資格なので口コミや評判はまだありませんが、食育実践プランナーはこれから需要が伸びてくる資格として業界からも注目を集めています。