【食育の資格】学校・保育業界で活用するには?

食に関するエキスパート的な存在とも言えるのが、食育の資格を所有した人です。

 

食育はもはや誰もが知っているフレーズでありますが、実は食育に関する資格は実に多くの種類があります。

 

食育といえば教育現場で最も重要なものになります。

 

学生のうちに、食の重要性を学んでおけば、必ずや大人になって役に立つものになります。

 

では、学校や保育現場で食育の資格をどのように役立てることができるのでしょうか?

 

学校や保育現場に関連する食育資格は?

先に紹介した通り、食育に関する資格は実は多いのですが、学校や保育現場に関連する食育資格はあるのでしょうか?

 

手軽に取得できるところであれば、食育アドバイザーが活用できる資格であります。

 

食育アドバイザーとは、食に関する幅広い知識を持ったものが取得できる資格になります。

 

栄養学もある程度の知識を持っていないと取得できない資格になりますので、学校現場での食に関する教育でも活用できます。

 

よく、学校内に啓蒙のポスターとして食に関するものが掲載されていますが、このポスター作成において食育アドバイザーの知識を活かすことができます。

 

この食事の組み合わせで、大きなエネルギーを生むであったり、この食事方法は良くない!などの啓蒙は子どもたちにとってとても役に立つものです。

 

また、食に関するイベントなどがあれば、食育アドバイザーの最大の出番です!

 

企画の段階から自身の知識を十二分に発揮することができるでしょう。

 

食育アドバイザーの取得方法は?

そんな食育アドバイザーですが、取得に関しては意外とハードルは高くありません。

 

通信講座などで4ヶ月間の学習を積み、食育に関する知識を習得します。

 

その後、修了試験を受講し、見事クリアすれば晴れて資格取得となります。

 

費用的には、通信講座の費用や試験受講料を含めて、約50000円前後の費用がかかります。

 

安いものではありませんが、必ずや役に立つ資格であります!

 

興味のある方は、是非とも資格取得にチャレンジしてみてはいかがでしょうか?