「食育」資格の種類はどんなものがある?

食育の資格には、いくつかの種類があるという事をご存知ですか?

 

ここでは、食育資格の種類について、ご紹介していこうと思います。

 

食育資格の種類について

今人気となっている食育の資格は、全てが民間資格となっています。

 

そのため、名称や学習内容等が異なるために、いくつもの種類があるのです。

 

以下、全て食育に関する資格となっています。

 

・食育インストラクター
・食育アドバイザー
・フードコーディネーター
・食生活アドバイザー
・介護食アドバイザー
・薬膳コーディネーター
・食育スペシャリスト

 

などなど、少し思い浮かべただけでもこんなにも多くの資格が挙げられます。

 

では、上記の中からいくつかの資格をご紹介していこうと思います。

 

食育インストラクターとは?

食育インストラクター養成講座では、食育基本法の制定にも関わった服部幸應さんが監修・指導を行う講座です。

 

資格を認定しているのは、NPO日本食育インストラクター協会です。

 

食育基本法に基づいた本格的な講座となっており、家族の健康や食育指導に役立つような、幅広い知識を身につけること出来る様な講座です。

 

食育スペシャリストとは?

食育スペシャリストの講座は、ヒューマンアカデミーにて受講する事が出来ます。

 

最短3日でプロの担当講師が分かりやすく指導を行ってくれますので、プロの実践力が身につきます。

 

就職に直結するようなメニュープランニングを重視し、メニュー提案力を身につけることが出来ます。

 

そのような点から、こちらの資格は、就職などに役立てたいという場合に有利になるとも言えます。

 

くだもの編・野菜編・穀類編・畜産編・魚編などの分野に分かれている点も特徴的です。

 

介護食アドバイザーとは?

こちらの資格を取得するための講座は、キャリアカレッジジャパンにて受講することが出来ます。

 

医療機関や介護福祉施設、飲食店などで勤務する際に役立つ資格となっており、認定しているのは一般財団法人 日本能力開発推進協会(JADP)です。

 

超高齢社会となっている今の日本では、栄養学や心理など、食事に関するより深い知識を身につけておくことはとても重要だと言えます。

 

介護分野への就職を検討されている方も、そうでは無い方も、どちらの方にもおすすめできる資格となっています。

 

このように、それぞれの食育資格には様々な特徴がありますので、気になる資格について資料請求などを行い、比較してみてくださいね。