【食育の資格】医療・福祉業界で活用するには?

最近では、食に関する関心が高まっているのをひしひしと感じています。

 

特に、食に関する事故や事件が多いのもありますし、生活習慣病がクローズアップされているので、とにかく需要の高いのが食育の実情です。

 

食育に関する資格は非常に多いのですが、特に医療・福祉業界でピンポイントに狙っている食育資格は存在するのでしょうか?

 

今回は、医療・福祉業界で活用できる食育資格について、解説していきます。

 

医療業界で使える食育資格は?

医療関係で言えば、病院食などが食育に関する項目になります。

 

病院食は、患者さんの抱えている問題に対して、的確なメニューを構築していかなければなりません。

 

その非常に重要な職務に関して、食育アドバイザーという資格が役に立ちます。

 

安全な食材の選定からスタートして、実際に献立を組み立てていきます。

 

単純に食事の提供だけでなく、如何に食材を上手に使いきるかなども食育アドバイザーの重要なミッションです。

 

病院側の経営を考えても、食育アドバイザーか非常に活躍できる土壌がある資格になります。

 

食育アドバイザーは、食育に関する資格の中でも入門編に位置づけられているものですので、取得に関しては非常に容易なのが特長です。

 

また、医療関係だけでなく一般生活でも活かすことができるのも魅力的です。

 

福祉業界で使える食育資格は?

福祉業界で活かせる食育資格は、先の食育アドバイザーの他にも介護食アドバイザーという専門的な資格が用意されています。

 

介護に関する食育に特化している資格で、高齢者向けの介護食の構築がメインのお仕事です。

 

これは、老人ホームなどの多くの人に向けたものから、一個人に向けたメニューまで、その内容は多岐にわたります。

 

また、仕事としてだけでなく家族の介護食という観点でも、活用できる幅が広い資格になります。

 

資格取得に関しては、特に難易度は高くなくちょっとした学習を積めば取得できるものですので、職としてだけでなくプライベートで取得しても良いですね。