食育の資格を取得した場合、働き先はどんな所がある?

食育資格の活かし方

食育の資格はそれこそ様々な種類が有り、その資格を取得して活かせる場所もいくつもあります。

 

将来、食育という指導が重要視されて来るにつれて、この資格の活かせる場所はもっと増えてくると思われます。

 

今現在でも、仕事をしながら食育の資格を取っている人も多くいますね。では資格を取って実際に活かせる場所というのはどのようなものなのでしょうか?

 

食育の資格を持っている人の働く場所

良く知らない人は食育という字の並びを見ただけでは、学校や幼稚園などの子供がいる場所が働き場所となると考える人が良くいます。しかしそれは完全に間違いとは言えないものの、少し勘違いしていますね。

 

食育とはただ栄養を考えて食事をしたり、食事のメニューを考えるだけでなく、食生活を通して健康や家族の団欒などを見つめ直すことも含まれています。

 

そのため介護施設や、福祉施設の場所でも十分に活躍出来るスキルも取る上で身に付き、実際に役立つ資格も存在します。食育は食を通しての教育ではありますが、その対象は子供たちだけではなく、今現代社会に生きている人たち全てにつながっていくのです。

 

ではそれを踏まえて、介護職や福祉施設以外、学校や病院以外での食育の資格を活かす場所はどこにあるのか?

 

食育の資格を取って。それを活かして働く場所

 

上記以外で食育の資格を活かすなら、飲食業界が真っ先に挙げられるでしょうか。それもレストランや飲食店だけではなく、スーパーなどの販売店も対象です。

 

少し前に野菜ソムリエ、という職業が有名になったことがありましたね。

 

あれもまた、大きく見た食育の資格です。違いとしては、野菜ソムリエは野菜に特化した食育の資格であり、食育アドバイザーなどは食べ物を幅広く取り扱った資格です。

 

ですが、どちらが上で下ということはありません。自分の今の状況と将来を考えて、必要なスキルがどちらか、ということだけです。

 

食育の資格を活かす場所は、現代社会において沢山あります。だからこそ自分の将来を考え、必要な資格を見極めることが重要なのです。